赤山地下壕跡

赤山地下壕跡は、平成16年4月から一般公開された地下壕跡です(館山市指定史跡)。想像以上に、広かったです。豊津ホールで受付をして、ヘルメットと懐中電灯を借りてから入ります。
というわけで、まずは、赤山地下壕跡の詳細からです。下記には、赤山地下壕跡へのアクセスや、どのような感じの観光地なのかがわかる写真、管理人の独自の採点などがあります。

アクセス(電車) JR 館山駅下車、宮城バス停、徒歩3分
駐車場 あり(小さい)
※)豊津ホールの前に無料駐車場があります。
住所 千葉県館山市宮城192−2(豊津ホール)
※)住所はカーナビで使ったり、GoogleやYahooの地図で場所を確認するために使うといいですよ。
料金 無料
お勧め度 80点
一言 地下壕跡です。結構、広いです。
動画 赤山地下壕跡の動画
写真 赤山地下壕跡の写真
周辺の遊び場、観光地 南房の遊び場・観光地
周辺のホテル、旅館 千葉の観光地・遊び場の近くに宿泊予約したいなら、千葉のホテルを見てみてください。千葉の北西部、北東部なら、電車を使うことになりますが、東京のホテルに宿泊予約しても大丈夫です。

スポンサード リンク


赤山地下壕跡の体験レポート(写真付)

2011年1月下旬に赤山地下壕跡に行ってきました。
まずは、豊津ホールで、受付をします。



すると、ヘルメットと懐中電灯を貸してくれます。



ヘルメットを装着して、いざ赤山地下壕跡へ!



地下壕というくらいなので、天井は低いと思いきや、普通に歩けるくらい天井の高さはありました。



奥へ進むと、探検家の気分になれますよ。



平日にも関わらず、意外に観光客もいましたよ。



すぐに歩き終わると思っていましたが、意外に広いです。



壁はシッカリした岩でした。



終点は封鎖されていて、入口に戻ることになります。



ちなみに、終点の近くに、壁から血の様なものが垂れている場所が・・・。



(レポート:hide)

千葉が大好き!のトップページ