南房パラダイス

南房パラダイスは、南房総にあるテーマパークです。植物園、ちょうの館、小動物などが見れます。塔もあって、塔に上ると、南房パラダイスを一望できます。
というわけで、まずは、南房パラダイスの詳細からです。下記には、南房パラダイスへのアクセスや、どのような感じの観光地なのかがわかる写真、管理人の独自の採点などがあります。

アクセス(電車) JR館山駅下車、シャトルバス乗車(予約制無料)
駐車場 あり
住所 千葉県館山市藤原1495番地
※)住所はカーナビで使ったり、GoogleやYahooの地図で場所を確認するために使うといいですよ。
料金 有料
お勧め度 90点
一言 植物園や小動物がいる施設です。結構、広いです。
動画 準備中
写真 南房パラダイスの写真
周辺の遊び場、観光地 南房の遊び場・観光地
周辺のホテル、旅館 千葉の観光地・遊び場の近くに宿泊予約したいなら、千葉のホテルを見てみてください。千葉の北西部、北東部なら、電車を使うことになりますが、東京のホテルに宿泊予約しても大丈夫です。

スポンサード リンク


南房パラダイスの体験レポート(写真付)

実は、南房パラダイスには、それほど期待はしていなかったのですが・・・いい意味で裏切られました。
というわけで、南房パラダイスのレポートです。

まずは入り口。



入り口を抜けると、すぐに「馬車」が。



「馬車に乗らないか?(有料)」とセールスがやってきたので、スルーして、目の前にある植物園から周ることに。



植物園に入ると、一面、「花、花、花」!
見渡す限り、花がありました。こういうところって、女性は喜ぶようですね。



そして、植物園を進むと、またまた花が。



途中には、休憩できるスペースも。



そして、植物園を出ると、そこには池が。



振り返ると、先ほど通った植物園が。



そして、再び、植物園に入ると、今度は「サボテン」が。



サボテンがある植物園を抜けると、またまた池が。



それにしても広いですね!
南房パラダイスだけで、半日は過ごせそうです。

そして、少し歩くと、「ちょうの館」が。
ちょうの館は、その名の通り、沢山の蝶がいる場所です。
餌付け?もしているので、蝶を間近で見れますよ!



ちょうの館の近くには、色々な小動物も。



そして、トコトコ、歩いていると、入り口付近で見かけた塔を発見!



塔を登ると、絶景が!
南房パラダイスを一望できました。



というわけで、意外に楽しめました。というより、かなり、南房パラダイスは、お勧めの観光地かも!?

(レポート:hide)

千葉が大好き!のトップページ