養老渓谷

養老渓谷は、滝もあれば、温泉もあれば、キャンプもできれば、バーベキューもできれば、色々なことができる自然あふれる場所です。私は、電車と車の両方で行きましたが、正直、車の方が便利です。「電車+バス」だと、本数がほとんどないですし、バスは、通っていない日もあるので、要注意です。
というわけで、まずは、養老渓谷の詳細からです。下記には、養老渓谷へのアクセスや、どのような感じの観光地なのかがわかる写真、管理人の独自の採点などがあります。

アクセス(電車) 小湊鉄道、養老渓谷駅下車、「粟又行き」の小湊バス乗車
※)出世観音、弘文洞跡、粟又の滝にはバスを使っていきます。
駐車場 あり
※)有料
住所 千葉県夷隅郡大多喜町粟又地先(粟又の滝)
※)住所はカーナビで使ったり、GoogleやYahooの地図で場所を確認するために使うといいですよ。
料金 無料
お勧め度 90点
一言 その名の通り、渓谷です。四季折々の顔があって、いいところですよ。出世観音、弘文洞跡、粟又の滝が有名です。
動画 養老渓谷の動画
写真 養老渓谷の写真
周辺の遊び場、観光地 房総半島、山間部の遊び場・観光地
周辺のホテル、旅館 千葉の観光地・遊び場の近くに宿泊予約したいなら、千葉のホテルを見てみてください。千葉の北西部、北東部なら、電車を使うことになりますが、東京のホテルに宿泊予約しても大丈夫です。

スポンサード リンク


養老渓谷の体験レポート(写真付)

まずは、養老渓谷駅です。
30分〜1時間に1本くらいしかなかった記憶があります。帰り大変だった記憶も・・・



養老渓谷駅からバスで移動。出世観音へ。
ちなみに、養老渓谷駅から出世観音まで、歩けないことはないですが大変です(経験談)。



以下が、出世観音です。



この付近でも、河原にいくと、水遊びが出来ます。



そして、更に奥に進むと、弘文洞跡があります。



そして、更に奥に進むと、メインの粟又の滝へ。
上記の場所からは、遠いので、バス・車じゃないと行けないです。

というわけで、粟又の滝の近くでバスを降りると、入り口があって、そこに入ると、くだりの階段が。これが、結構、キツかったですね。行きはいいのですが、帰りが・・・



夏、この付近では、子供連れの家族が水遊びをしています。



そして、これがメインの粟又の滝。デカイです。



このレポート以外にも、養老渓谷は、色々楽しめますので、是非、一度、行ってみてください。お勧めです。

(レポート:hide)

千葉が大好き!のトップページ